2011年01月16日

パチンコ台の音について

今日はまた昨日の等価店へ行ってきました。
ヘソが開いた、まだ打っていない台を据え置きと信じ…。

甘デジ関係のヘソは閉まりましたがミドルは据え置きで開いていました。
なのでさっそくミドルを打ちます。
CRフィーバー倖田來未MF-TX(1/306.2)

くぅーちゃんの歌が大好きなはる蔵です。しかも初代では相当な回転数を打ち込みました。
この二代目のこの台はボチボチ打ち込みましたが多大な欠損だけを残し、打てぬ釘になり、ホールから姿を消しました。
姿を消し、1台だけ復帰した倖田來未2の釘が開いているのでリベンジ戦ですね。昨日はスペック違いのリベンジでしたが、同じスペックでの勝負となります。
昨日はリベンジ戦で負けたので今日こそは…。

いやぁ回りの方は問題ないのですが、何より「音がでない…」。
これは大問題です。好き嫌い関係なく、音がでないパチンコってめちゃくちゃつまらない。
なので店員に「これ、音聞こえないですよ」

店員「スピーカー故障しておりまして…」

ってか知ってんなら治せよ…。知らなかったならまだしも。
こんな台、例えお宝台でも正直、遊戯したいと思いません。

勝てる台ならそんなの関係ないっていう方もおられるかとは思いますが、間違いなく考えが変わりますね。私がそうです(笑)
そんな台を12時間打ってると思うと…相当しんどいですね。

つまりどんなけ音が大切かということ。効果音だったり、バックミュージックだったり、音の効果って偉大ということを知りました。
単調な海物語もあれだけ楽しめるのは演出はもちろんのこと、音があるからだろう…。
ホール関係の皆さん、音の大事さを知るべきだ。ただでさえ客を楽しませる営業ができていないのに台の楽しみまで奪うのか(怒)

音の話が長くなりましたが、手短に稼動内容といきます。

音なし倖田來未2はつまらないので一度玉を流して甘デジ沖縄2へ移動。
ヘソは甘デジの島では一番の開きです。

打ってみると1k約23.8回転。出玉、スルーは激しく閉まっている。
なのでかなり回転率は下がりますがギリギリでしょう。
粘れるほどの台ではないので少しだけ打って出玉を流しました。

単発ばかりでしたがなんとか持ち玉で打てました。発当たり3回目も単発でしたが16RをGET。これがなかったら危なかった…。

はる蔵、くぅーちゃんの歌聴きたかった。では…また。

実践機種

・CRフィーバー倖田來未MF-TX(1/306.2)ミドルタイプ
CRAスーパー海物語IN沖縄2SAKS

大当たりデータ
(CRAスーパー海物語IN沖縄2のデータ)

[01]155回転⇒単発
[02]**5回転⇒単発
[03]*13回転⇒単発
[04]*95回転⇒単発
[05]*83回転⇒3連荘
[--]*46回転⇒勝負終了

※時短数は含まない回転数。

今回の実践データ

・総大当たり数⇒7回

・通常時総回転数⇒397回転

・初当たり確率⇒1/79.4

・平均連荘⇒1.4連
(時短引き戻し含む)

パチンコ勝負結果

・出玉:9652個
・投資:8500円
・換金:38600円
・収支+30100円

出玉数

posted by はる蔵 at 23:08 | パチンコ勝負実践
運営:はる蔵
[PR]知恵の森