2011年04月17日

対決CRスーパー海物語in沖縄2MTMS

2011年4月16日(土曜日)の実践。

この日は土曜日ですので、しっかりと休みたいものだが今月のマイナス分を少しでも減らしたい。
減るどころか、稼動する度にどんどん膨れる投資額。それもそろそろ落ち着いてもらいたい。

今回は33玉店へ。本当は等価店へ行きたかったのだが、閉めモードに入ったと予測。
さっそくMAXタイプの釘から見ていくが、どうもダメみたい。
それでも無理して打ちたかったのが本音だが、その気持がコロッと変わる台を発見。

ミドルタイプのCRスーパー海物語in沖縄2MTMS(1/359.5)です。
がっつり開いた命釘。釣りかと思わせる開きではございましたが、期待して打とう。

回してみるも1K⇒22回転。しかし見た目だけではないようなので、もしかしたらもっと上がる可能性もある。
案の定打つにしたがいどんどん回転数アップしてきた。ストロークのポイントも完全に掴む。

久々の海、なんて早いスピードで回ってくれるのだ。時間効率の悪い機種ばかり打っていたため、余計そう感じる。
MAXタイプだからこそ、この海のスピードが欲しいものだ。

話は変わるが、最近ずっとMAXを打っていて思うことがある。これだけ荒い確率を一般パチンカーが耐えしのぐことはできないだろ。
相当金をもっているか、独身の方でパチンコ以外に金を使わない方なら別だが。まぁ〜例え、金があっても耐えられる忍耐があるのか?
結局、これがパチンコ離れに繋がっている原因の一つだろう。
もちろんその分、一撃の魅力はミドルや甘デジにはないものかもしれないが。

俺はこの4月の短期間で一時期、約30万?ほどのマイナスになったのだが、これがサラリーマンパチンカーなら…
月の小遣いの内3万をパチンコで遣ったとして、10ヶ月間ほぼ負けてマイナスともなれば、誰もパチンコなんて打つ気になれないとも思うが。
打っていれば、いつかはこんな体験をするだろう。その時に残る人は…と考えれば。
ましては、ボーダー理論で戦っていない人が多い中、そんなじゃ済まない。そして小遣いでフルに3万使えるのか?

ってか、MAXタイプ製造の禁止とか一時期言われてたような?どうなったんか。
ある程度、射幸心の煽りはパチンコというものには必要かもしれないが、ミドルで十分なのでは…。

もっと熱く言いたいことはあるが、ここまでとします。
そして仕切りなおしといきたいところですが、ここまで。
しかし初当たり確率はオーバーだが、連荘数がついたなぁ〜。

はる蔵、いまから支度してパチンコ出勤しようか検討中です。では…また。

実践機種

CRスーパー海物語in沖縄2MTMS(1/359.5)

大当たりデータ

(CRスーパー海物語in沖縄2MTMSのデータ)

[1]203回転⇒3連荘
[2]643回転⇒2連荘
[3]371回転⇒2連荘
[4]299回転⇒12連荘(内突確1回)
[5]160回転⇒10連荘(内突確1回)
[-]361回転⇒勝負終了

※時短数は含まない回転数。

今回の実践データ

・総大当たり数⇒29回(内突確2回)

・通常時総回転数⇒2037回転

・初当たり確率⇒1/407.4

・平均連荘数⇒5.8連荘(出玉有り5.4連荘)

パチンコ勝負結果

・出玉:22108個
・投資:28500円
・換金:66800円
・収支:+38300円

出玉数

posted by はる蔵 at 11:13 | はる蔵vs海物語
運営:はる蔵
[PR]知恵の森